雨漏り修理大阪は保険の対象となるのか

subpage-img

雨漏り修理大阪を行う時には、雨漏りするようになった原因を突き止めることが大切です。

原因を突き止めることで、どこを修理すればよいのかがわかりますし、火災保険の対象となるのかを調べることもできます。


火災保険は、戸建て住宅に住んでいる場合には、加入する必要がある保険で、主に火事によって生じた家の損傷や家財道具の損害に対して補償をしてくれる保険です。
ただ、火事だけではなく、落雷や雪、雹、風などの被害によって生じた損害に対しても補償してくれますから、雨漏りの原因が突風によって瓦がずれてしまったり、飛んでしまった。



風で飛んできた物によって、家が傷つきそこから雨が浸入して起こった雨漏りに対しては、火災保険の風災に該当するため、補償の対象となります。



火災保険の対象となる雨漏り修理大阪は、申請することで保険金を受け取ることができますから、屋根や外壁の修理費用にあてることができます。



このときには、雨の浸入箇所の写真や、室内の雨漏り箇所の写真を撮る必要がありますから、忘れずに写真を撮っておきましょう。


ただ、自然災害であっても、地震や雨が原因で起こった雨漏りは、火災保険の対象となりませんから、保険金を受け取ることはできません。

そのため、修理費用はすべて実費となりますから、雨漏りの原因をはっきりと突き止めることが大切です。

雨漏り修理大阪を行う場合、費用が気になってなかなか修理を依頼できないという人もいますが、雨漏りは放っておいてもよくなることはなく、どんどん家を傷める原因となってしまいますから、発見したらすぐに修理することが大事です。

top